忍者ブログ

・Author:Setsuha ・FF14Character:Close ・Server:Durandal

管理人
HN:
刹葉
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/11/08
趣味:
コルセア
自己紹介:
課金しました。
Durandalサーバーでレアポップします。
会えたら経験値いっぱいもらえるよ?
アンケート
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
最新コメント
[07/20 せつは]
[07/17 ロドリゲス]
[07/12 せつは]
[07/11 ロドリゲス]
[07/11 せつは]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンタ
FF14 ブログランキング
FF14ブログランキングに参加してます。 面白かったら1クリックよろしくお願いします♪
FF14・攻略ブログ
P R
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

せつはです。

先日、42時間起きてました。

人間やればできるもんです。

今回は少し下の話も混ざりますwすいやせんw


7:00~ 起床
8:00~ 仕事始まり
17:00~ 仕事終わり
17:30~ 友人たちが待っているゲームセンターへ
19:00~ 服を買いにいく
22:00~ ご飯
23:00~ 風俗店Aへ
2:00~ カラオケへ
6:00~ 帰宅
8:00~ 仕事始まり
17:00~ 仕事終わり
18:00~ パチンコ店Bへ
23:00~ ご飯
24:00~ 帰宅
1:00~ 就寝


ってな感じで42時間起きてました。寝る前にブログ書こうと思ってたんですが、死にそうだったので後日に・・・。


まぁ、42時間起きてた理由はデスね。


初めて行った風俗で逝けなかった!


あ。チェリーボーイではないですよ。あしからず。
中段チェリーは好きですけど。ヨホホホホ。
 


二度と行きたくないかも知れません。
でも、悔しいからもっかい行こうかな・・・w



風俗の流れを少し小説風に書いてみました。読みたい方はどうぞ。
*長いです。

登場人物・・・刹葉・純一・幸太郎(全部仮名)


 刹葉は悩んでいる最中である。食べなれた牛丼をほおばり、友人たちと会話する。

 隣にいるのは刹葉の友人である純一であった。彼の容姿はそこそこだが、刹葉と同じでパチンコ大好き。最近は行かない日はない。らしい。

 向かいに座っているのは同じく刹葉の友人である幸太郎であった。また幸太郎もパチンコ大好きなのであった。容姿といえば、最近少し太った。らしい。

 そんな3人が食事をたしなんでいるのは、パチンコ帰りなわけではない。珍しくパチンコに行かずに洋服を買い。その後の風俗の行き先を3人して決めている最中であった。
 
 刹葉は風俗店というところに行ったことがなかった。なので行ってみたかった。どんなお店なのか、どんな雰囲気なのかさえ、わからずにいた。しかし、友人2人は違った。風俗経験者で、1人はまぁまぁ、行く程度。もう1人は結構通であった。ちなみに、通であるのは幸太郎である。幸太郎は手馴れた様子で携帯をいじり、颯爽と優良風俗店を探す。

 「ん~、行くならここがいいかな。」
 「ふむふむ。予約とかは?しないの?」
 「時間も限られてるし。3人同時ってのが難しいかも。」
 「なるほど、まぁ、俺はどこでもいいし、とりあえず行ってみようか。」
 「そだね~。3人同時が駄目だったら、他の場所にいこう。」

 
 そうして食事を終えた3人は車の中へと乗り出す。いつもながらのくだらない会話で盛り上がりつつ、目的地へと駆け出していくのであった。

 目的地へと到着した刹葉は、湧き上がる感情を抑えつつ、言った。
 
 
 「とりあえずいくか。」
 それに反応した幸太郎はすばやく言い放つ。
 「とりあえず、3人いけるか聞いてくるから待ってて。純一、いくぞ。」
 (俺は待ってればいいのか。なんだかもどかしいな。)
 刹葉は落ち着いた様子で携帯電話を取り出し、携帯ゲームで時間をつぶす。途中後ろから車が来て移動を余儀なくされたため、駐車場へと移動し、2人の戻りを待つことにした。

 時しばらくして車の窓から刹葉を覗き込む男の姿があった。純一である。窓を開けると純一は言った。
 「3人でも行けるって。とりあえず幸太郎が女の子見てるから刹葉もとりあえずきなよ。」
 「わかった。」
 刹葉と純一は、風俗店の入り口へと入っていった。刹葉はなかなか緊張が隠し切れなかった。
 中を覗くとさわやかそうな。ボーイが迎えてくれた。
 「いらっしゃいませ。こちらへどうぞ。」
 ボーイの案内されたところは小さな待合室みたいな部屋があった。中には女の子の写真がいっぱいであった。


・・・。書いている途中でめんどくなったんではしょります。


 いよいよ、お願いした時間になった。待合室で待つ3人。刹葉は緊張が抜けなかった。3人とも指名をしなかったので、どんな女の子がくるか、不安をぬぐいきれなかった。
 「やべー。変なのきたらどうしよう。」
 「だよなー。誰が一番最初だろうか。」
 
 そんなこんなで、1人の男が呼び出された。
 「純一様。お待たせいたしました。どうぞ。」
 ボーイに連れられ待合室を後にする純一。取り残されたのは、幸太郎と刹葉であった。
 (俺は最後かな。うう。変なのこないでほしい。)
 刹葉は祈るばかりであった。そして、幸太郎も呼び出され連れて行かれる。残るのは刹葉のみとなった。
 (頼みます!)
 そして、ボーイからの呼び出しがあった。
 「刹葉さん。こちらへどうぞ。」
 「はい。」
 呼び出された刹葉は、ボーイからの軽い禁止事項を軽く聞き流すと、目の前にはカーテンがあった。刹葉は高ぶる感情を抑え。じっとカーテンを見つめた。

 「それでは女の子とご対面でーす。」

 カーテンが開け放たれる。
 そして刹葉は奈落の底へと突き落とされた。
 目の前には女の子の姿があった。
 容姿は、最悪であった。背は低めで、魅力的なところがひとつもなかった。
 (はずれキタコレw)
 そう思った刹葉は顔に出ていないか不安だったので、とりあえず、笑顔で無理やりに可愛いと思い込むことにした。
 「よろしくお願いします。」

 刹葉はいろいろむふふ。あはは、なことをがんばって繰り替えす。が、刹葉の下の棒は反応を示さなかった。示さなかったわけではないのだが、反応しては萎え。反応しては萎えの繰り返し。刹葉の下の棒の元気のなさに次第にあせっていく女の子。最後の最後には入れていいよ。の一言があった。が、それでも刹葉の下は反応を示さなかった。

 (俺の肉棒っていったい・・・。)

 思った瞬間、終わりのアラームが鳴り響く。とりあえず、一刻も早く終わらせたかった刹葉は、言い放つ。
 「もういいよ、ありがとう。ごめんね。」
 女の子も逝かせられなかった悔しさなのかわからなかったが、少ししょんぼりしていた。
 「こっちこそごめんなさい。気持ちよくしてあげれなくて。」
 (まったくだ。可愛くもないくせにへたくそとか、どういうこっちゃ。)
 「お客様、お帰りです。」
 その一言があり。刹葉は女の子に見送られ部屋を後にした。友人達2人は部屋で待っていた。
 「おまたせ。」
 「いくか。」
 3人は風俗店を後にした。
 幸太郎が、言い放つ。お決まりの一言。

 「どうだった?」


 「だめっすぅ~。」



ちなみに純一もダメだったらしい、幸太郎は最高だったらしい。



なんか悔しい。



 
 
 
 
 
 
 




 

拍手

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題

めちゃ笑った><ww
リベンジすっか♪

コクリコ 2012/02/23(Thursday)08:56:23 Edit
無題

才能をかんじた(`_´)ゞ
リベンジしよっぜ~

ロドリゲス 2012/02/23(Thursday)11:15:33 Edit
無題

<コクリコとロドリゲスくん

リベンジしよう!

せつは 2012/02/23(Thursday)11:44:22 Edit